借金でお悩みの方に
債務整理とは、任意整理、自己破産、過払い請求、個人再生、特定調停の総称をいいます。

借金で生活が苦しい、解決方法がわからないという場合は、何かしら対策をしなければ苦しくなる一方です。
まずは専門家に、現在の状況を相談しましょう。
任意整理とは?
任意整理は一般的に債務整理とも呼ばれており、、各債権者に対し返済を続けていくことを前提とした借金解決の方法です。
要するに、今よりも月々の返済額が減った場合に、借金の返済を続けていくことが可能な場合に検討すべき方法ということです。
任意整理は、当事者同士が話し合いで解決する手段であるため、弁護士や司法書士といった法律専門家の手を借りなくても相談者自身で解決することも可能です。
ただしその場合は、本人が貸金業者と話し合いをする必要があります。

百戦錬磨の貸金業者を相手にすると、「利息制限法への引き直し」に応じてくれなかったり、相談者が望まないような返済計画を押しつけられたりする事も考えられます。
ですから、弁護士や司法書士といった法律専門家に依頼して、貸金業者と借金の返済方法について協議してもらう事になります。
その結果、法律専門家と貸金業者との間で、本人にとって無理のない返済計画について合意してもらい、その合意内容に沿って、相談者は返済を行っていくことになります。
任意整理の実際の手続きでは、司法書士または弁護士が各債権者との交渉を行い、借金の元金について利息をカットした形で3年程度の期間で返済をするような、新たな和解契約を結んでいき、その契約に基づいて返済を行っていく方法になります。
自己破産の目安が、住宅ローン以外の借金を3年で返済できないという場合ですので、逆に可能であればこの任意整理という方法があるのです。
任意整理の手続き完了後は、返済額に利息を付ける必要がなくなりますので、月々の返済額を減らして支払っていくことが可能です。
また、消費者金融などの利息が高い債権者に対し長く返済を続けている場合には、各債権者との交渉により返済額を大幅に減らすことができます。
また、「利息制限法への引き直し」をすることにより、大幅に減額された借金を一括で返済できるお金が用意できれば、一括返済も可能になります。

実際の手続きでは、司法書士または弁護士が債権者と債務者の間に入って話し合い、利息制限法に従い利息の引き直しを行い再計算した借金の元金について利息をカットした形で3年程度の期間で返済をしていく借金整理の方法です。
借金地獄,多重債務
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!